今や日常生活の一部となるほど浸透してきた「Instagram」。特に使用頻度が高い10代・20代の女性たちを中心に、インスタ映えするフォトジェニックなスポットにも注目が集まっています。

そうしたInstagram活用に関してのコンサルティングを行う「SNAPLACE」社旅行事業で成長した「H.I.S」社の共同企画で生まれたのが「タビジョマップ(Tabijyo Map)」。旅好きな女性「タビジョ」がInstagramに投稿した写真を元に、フォトジェニックスポットを地図上で探せる機能です。Instagramなど様々なSNSのデータを独自のアルゴリズムで分析し、”いいね”が付きやすいスポットを抽出しているとのこと。

https://snaplace.jp/

サービスが提供されている地域は、ハワイ・韓国・バリ島・オーストラリア・タイ(2017年2月現在)。色彩豊かな世界の絶景やハイセンスなカフェ、ちょっとニッチなスポットまで写真から楽々検索できる上に、SNS上の口コミを見られる機能も。女子旅に欠かせない機能になるかもしれません。

https://snaplace.jp/wat-saman-rattanaram/

とにかく簡単!タビジョマップの使い方

タビジョマップは難しいことが苦手な女性向けということで、使い方が簡単なのもうれしいポイント。おしゃれでフォトジェニックなスポットを探す方法は以下の3つです。

⑴写真から探す
タビジョたちが訪れた旅先の写真一覧から、ビビッときた写真を選ぶだけ!写真をタップすると、そのスポットの地図詳細が表示されます。続けて周辺スポット検索も可能。

⑵スポット名から探す
気になるスポットがある場合は、スポット名から直接検索もOK。「マイアミビーチ」などと名前を入力すると詳細テキスト写真一覧が表示され、周辺スポットの情報を見ることもできます。

無料会員登録をするとスポットのお気に入り登録や、自分だけのマイマップを作って公開することも可能です。

続いて、タビジョマップに掲載されているハワイ・バリ島・オーストラリアのフォトジェニックスポットを抜粋してご紹介します。

ハワイのフォトジェニックスポット3選

●Pali Puka

https://snaplace.jp/pali-puka/
スリル満点のこちらのスポット。山の岩に大きな穴が開いているため、高い位置から雄大な自然を見下ろせます。高いところが好きな人にオススメしたい穴場ですが、強風のなか断崖絶壁を登らないと頂上にたどり着けないため、山登り初心者は注意が必要です。

●マカプウ タイドプールズ

https://snaplace.jp/Makapuutidepools/
これぞ「ハワイ!」といった透明度の高いエメラルドグリーンの海。マカプウ・トレイルの途中にある、岩によってできた天然プールです。急な崖の下にあるので見つかりにくく、観光客も少ないかもしれません。こんなに鮮やかな海を独り占めできるなんて最高ですね。

●オリジナルパンケーキハウス

https://snaplace.jp/the-original-pancake-house/
フォトジェニック×スイーツといえばパンケーキ。40年以上もの歴史を持つ大人気の専門店です。ここでしか食べられない特別メニュー「ダッチベイビー」は見逃せない一品。じっくりと焼いた新食感で、たっぷりの粉砂糖と絞ったレモン汁をかけていただくと絶品です。

バリ島のフォトジェニックスポット3選

●カフェ・ロータス(Cafe Lotus)

Miyakiさん(@myk_j.3rd)がシェアした投稿 – 2016 10月 20 9:50午後 PDT

https://snaplace.jp/cafe-lotus/
異国情緒漂うウブド地区の老舗レストラン「カフェ・ロータス」。美しい蓮とヒンドゥー寺院が織り成すバリならではの光景を眺めながら、アジア料理が楽しめます。ディナータイムにはバリ舞踏のパフォーマンスも。

●バリ・サファリ&マリンパーク

https://snaplace.jp/balisafam/
インパクト抜群の写真を撮るなら、外せないスポットがこちら。東京ドームほどの敷地内に、70種類もの動物たちが生息するサファリ&マリンパークでは、ライオンに触れたり、象に乗ったり、アクティブに楽しめます。

●ラ ラグーナ バリ(La Laguna Bali)

https://snaplace.jp/la-laguna-bali/
一歩足を踏み入れただけで、テンションが上がりそうなカラフルなスポット。2015年にオープンしたカフェで、インテリアに凝っているだけでなく、目の前にビーチが広がる五つ星のシチュエーションです。海沿いの特等席もあるので、予約をして訪れるのがオススメです。

オーストラリアのフォトジェニックスポット3選

●ハートリーフ

Juriさん(@nkkjr)がシェアした投稿 – 2016 10月 23 1:58午前 PDT

https://snaplace.jp/hamilton/
言わずと知れた大人気スポット「ハートリーフ」カップル旅行やハネムーンなど愛し合う2人向きの場所ですが、フォトジェニックさにおいてはピカイチ!ぜひ女子旅にも組み込んでみてください。サンゴ礁への上陸は許可されていないため、飛行機やヘリコプターに乗って上空から撮影します。気になる彼に愛を込めて写真を送ってみては?

●Aloha Bar and Dining

CHIAKIさん(@chiaahn)がシェアした投稿 – 2016 9月 30 9:35午後 PDT

https://snaplace.jp/aloha-bar-and-dining/

パイナップルを容器に使った南国感たっぷりのフレッシュジュースは、日本では見かけない一品です。人気メニューのココナッツライスもお忘れなく。ハワイアン風の家具味のある壁画など、店内のインテリアもフォトジェニックで女子旅向き。

●サウスポート ウォールアート / Southport Wall Art

https://snaplace.jp/southport-wall-art/

色鮮やかで芸術的な壁画も、オーストラリアで欠かせないスポット!多国籍の留学生が多く暮らすサウスポートならではの、さまざまな文化が混ざり合った雰囲気がよく現れています。アーティスティックな写真を撮るには、ピッタリな場所ではないでしょうか。日本人オーナーやシェフがいるレストランなど日本語が通じる店も多いので、気軽に観光できるのもメリットです。

まとめ

女子旅で盛り上がるのは、なんといっても写真撮影!まずは友達同士で「ここどう?」とタビジョマップを指差しながら、行き先を決めてみるといいのでは? インスピレーションのままにお気に入りスポットを探し、旅先で写真を撮影したら「#タビジョ」を付けて、Instagramに投稿してみましょう。あなたの写真がタビジョマップで紹介されるかも!