流行の最先端を走る街、ニューヨーク。ファッションやグルメ、エンターテインメントに至るまで、世界中から熱い視線が注がれるこの地で、今、話題になっているオフィスシェアのスタートアップがあります。その名も「WeWork」。会員制レンタルオフィスやコワーキングスペースを運営する、ニューヨーク発のベンチャー企業です。

https://www.wework.com/

拠点数は、2017年3月時点で36都市154ヶ所。3月にソフトバンクが3億ドルの出資を行ったことが報道されて以来、日本でも注目を集めています。

「WeWork」の何が注目され、ここまで成長を遂げたのでしょうか?今回は新しい働き方のヒントがいっぱい詰まった「WeWork」についてご紹介します。

■1:世界中どこでも利用できる利便性

WeWorkさん(@wework)がシェアした投稿 – 2017 2月 22 5:43午前 PST

オフィスを借りようとすると、契約年数が定められてしまったり、家賃が高くついてしまうなどの障壁が発生します。人数の変動が多いスタートアップや、気分転換にいろいろな場所で仕事をしたい個人事業主などにとって、専用のオフィスは気軽に持てるものではないでしょう。

「WeWork」の場合は、最初から設備が整えられている上に、様々な契約条件から選んでオフィスの利用が可能。オプションによっては、世界中にある154カ所の「WeWork」を無制限に使えます。一番安いプランは45ドルで月2回利用できるため、海外への出張や旅行時にも使えるのは嬉しいポイントです。

※一部の店舗は利用できないので要事前確認

■2:ビジネスの化学反応が起きやすい

WeWorkさん(@wework)がシェアした投稿 – 2017 2月 16 7:41午後 PST

「WeWork」が他のオフィスと違う点として、もっとも特徴的なのはビジネスの化学反応が起きやすい仕組みがあること。例えば、会員専用のSNSがあり、ビジネス上の課題を気軽に質問して会員同士で解決ができたり、仲間探しを目的にパートナー募集を呼びかけたりといったことができる上に、質問が放置されずに回答をスタッフが促しサポートするなど、コミュニケーションが活性化する構造があります。

他にも、共有スペースではビジネスのコラボレーションを促すために、拠点によっては毎日のようにイベントが行われたり、お昼からアルコールが飲めるようになっていたりと、様々な業種の最先端の人と気軽に出会えるのも「WeWork」の魅力。

ただ黙々と作業するだけの空間ではなく、人と人がつながり革新的なサービスや製品が生まれる後押しをしているのが「WeWork」という新しいオフィス形態の特徴かもしれません。

■3. クリエイティビィが刺激される場所

WeWorkさん(@wework)がシェアした投稿 – 2017 2月 6 5:48午前 PST

「WeWork」の人気の秘密は、アイデアが湧きやすいクリエイティブなオフィス設計にもあります。一歩足を踏み入れると、気分が上がる独創的なアートや、最新の家具など、この仕事空間で働いていること自体がステイタスになるような光景が広がります。
個人事業主の利用だけではなく、大手企業も人材採用に有利という意図で入居することも。

「WeWork」のミッションは「To Create a world where people work to make a life, not just a living」(ただ生活のためではなく、人生を紡ぐために働く世界の創造)。

その言葉通り、「WeWork」は“ただ生活のために働くスペース”を提供しているわけではありません。
共に世界を切り開いていく仲間が見つけられるコミュニティー作りや、仕事に刺激を与えるためのオフィス設計など、“働くこと自体が刷新されるきっかけ”を提供してくれているのです。

■まとめ

最近では、仕事場だけではなく、シェアハウスのような住居スペース「co-living」の試験運用を開始し、ますます注目を集めるスタートアップ「WeWork」。これからの新しい働き方を支える仕事場は、自分らしいライフスタイルを実現する1つの要素に欠かせないものになっていくのかもしれません。

ぜひ、あなたも海外旅行や出張などの際に利用してみてはいかがでしょうか。自分らしい働き方を実現する一歩になるかもしれませんよ。

ライター:松田然(まつだ・もゆる)
ライティングカンパニー合同会社スゴモン代表 兼 ライター。旅をしながら仕事をするライフスタイルを取り入れ、自転車で日本の47都道府県を走破し、現在も国内外を毎月旅している。個人事業主や起業家のライフスタイルを良くするメディア「SoloPro」編集長も務める。

blog http://moyulog.com/
media http://solopro.bi