インドの食を代表する料理「インドカレー」

もし世界からインドカレーが消えたら、インド人はどうするのでしょうか。
また、インド人は毎日3食カレーを食べているという話がありますが、飽きないのでしょうか。

考えれば考えるほど気になるインド人とインドカレー。

今回は思い切って、日本でインドカレー店を営んで10年のジェインさんに、様々な疑問をぶつけてみました。

curry2

ラジェンドラ・ジェイン/有限会社「ラトウナ サガル」代表取締役
出身地はデリー。南インドで育った。日本に住んで20年になる。
東京都台東区で「VEGE HERB SAGA(ヴェジハーブサーガ)」を経営。ラクトベジタリアンとヴィーガンのメニューを提供している。

 

インド人にとって、インドカレーとは?

curry3
▲VEGE HERB SAGA(ヴェジハーブサーガ)の代表を務めるラジェンドラ・ジェインさん

●まずは単刀直入にお聞きします。インド人にとってカレーとは何ですか?

ジェインさん(以下、ジェイン):日本の場合、カレー粉と一緒に野菜や肉を煮込んだ料理のことをカレーって呼びますよね。

しかし、インドでは「青唐辛子や赤唐辛子、胡椒などの辛い香辛料をベースに、さまざまなスパイスと具材を組み合わせて煮込んだ料理」のことを指します。

●青唐辛子や赤唐辛子、胡椒などの辛い香辛料は、すべてのカレーに入っていますか?

ジェイン:絶対ではないけど、だいたいね。インド人は、はっきりした味が好きです。辛い、甘い、しょっぱい、酸っぱいっていう。

インドカレーで言うと、香辛料のはっきりした辛さがないと、味を感じられないし、物足りない。パンチが欲しいの、パンチが!

●インド人にとって、香辛料の味=辛さであり、その辛さが料理の味になるということですか?

ジェイン:そうだね。

日本人は複雑な味の違いが分かるけど、それはインド人にとって難しい。例えば、ミントを食べて日本人は辛いというけど、インド人はそれを辛いとは言わない。

●確かに、日本人は様々な種類の味に対して「辛い」という表現を使いますね。日本人に比べて、インド人は分かりやすい「辛さ」を好むのですね。ところで、「インド人は3食カレーを食べる」という話を聞いたことがあるのですが、本当ですか?

ジェイン:確かにインドの僕の家では、朝昼晩インドカレーを食べます。ただ全部違うスパイスを使った、違う味付けのインドカレーなので、同じ料理だとは感じません

●種類は違えど、三食カレーを食べるというのは本当だったんですね…!そこまで毎日スパイス料理ばかり食べていたら、飽きることはないでしょうか。

ジェイン:飽きることはないですね。インドには本当に色々な種類のスパイスがあるので。
ココナッツ系のスパイスを加えれば、甘い味にもなりますし、スパイスによって酸っぱさやしょっぱさを表現することもできます。

辛さがベースになっているものが多いですが、そこに組み合わせるスパイスを変えることで、様々な味を楽しむことができるのです。

逆にインド人は日本のご飯をずっと食べられないと思いますよ。全部醤油と出汁の味だけ…って思って、飽きちゃいます。

あと、インドの家庭では、季節によって使うスパイスを変えますよ

●季節によって変えるとは、どういうことでしょうか?

ジェイン:一年を通じて、季節や気候は変わりますよね。だから体も一年中同じものは食べられません。汗をたくさんかく季節は、その季節に体が求めているスパイスを、寒い季節には、体が温まるスパイスを使うのです。

また、季節によって旬の野菜が変わるので、その野菜に合うスパイスも変わってきます。

僕たちは生まれたときから季節に応じたスパイスを食べることに慣れているし、そうすることで身体が喜びます。

●なるほど。スパイスは料理を美味しくするだけでなく、身体を内側から元気にする力も持っているのですね。ジェインさんのお店でも、季節によって使うスパイスを変えていますか?

ジェイン:うん。「あの味が食べたい」というお客さんにとっては、季節によって味が変わるのは良くないことかもしれない。

だけど、分かる人には分かる。食べた時に美味しいし、食べた翌日も身体がスッキリする。アフターメンテナンス、最高!

 

健康の秘訣はスパイスにあり?!インド人が毎日カレーを食べる理由

curry4
▲VEGE HERB SAGA(ヴェジハーブサーガ)の店内

●カレーを食べると身体が喜ぶとのことですが、実際にはスパイスの入ったカレーを食べることに、どんなメリットがあるのでしょうか。

ジェイン:お店にあるスパイスは、7〜8割がハーブ系です。ハーブは、身体をスッキリとさせます。血もサラサラになるし、便通も良くなります。

スパイスを使った料理は身体に良いのです。

●そこまで身体にいいんですか!日本人の女性には便秘で悩む人もいますけど、ぜひお勧めしたいですね。

ジェイン:そう。日本人は全然お通じが少ない。でも、インド人は1日2〜3回便通があります。

●日本でもよくインドカレー店は見かけますが、あれは本場のカレーでしょうか。

ジェイン:確かに、どんどんインド料理店は増えていますよね。ただ日本のインドカレー店で働く人って、インド人じゃない場合が多いんですよ。

●えっ、どこの国の人なんですか?

ジェイン:ほとんどの人がネパール人ですね。インドとネパールは隣り合っているので、ビザがなくても互いの国を行き来できます。
ネパールは産業が少ないから、インドの食文化を参考に商売をする人が多くて。

ただ、生まれた時から家庭で本物のインド料理を食べているわけじゃないので、スパイスのバランスが違ったり、添加物が入ったスパイスを使ったりしている場合が多いですね。

●日本にあるインドカレーは、ネパール人が作っている場合が多いのですね!初めて知りました。ちなみに、ジェインさんは日本で他のインドカレー店には行かれますか?

ジェイン:結構行きますよ。
みんな一生懸命頑張って、美味しいものを出そうとしている。でも、ちょっとガッカリ

●ガッカリ?それはどうしてですか?

ジェイン:だいたいのお店は「本格的」「本場」「現地のシェフ」って書いていますよ。でも、本物のインドカレーとは味が全然違う。

いっぱい行ってみたけど、ショックばっかり。お店によっては、あえて日本人の好きな味にしてるのかもしれないけど…。

●なるほど。本場のインドカレーを味わいたい人にとっては確かにガッカリするかもしれませんね。また、食べた後の体への影響も、差が出そうですね。

 

もしインドからスパイスがなくなったら、インド人はどうする?

curry5
▲ジェインさんの息子さん

●インド人の生活にはどれほどスパイスが欠かせないものなのか、よく分かりました。では、もし世界からスパイスがなくなってしまったら、インド人はどうすると思いますか?

ジェイン:悟りを開く。生きていても意味がないですよ。

人間は「生きるために食べる人」「食べるために生きる人」の2種類に分けられます。
インド人はどちらだと思いますか?

●インド人は「食べるために生きる」…ですか?

ジェイン:そう。
だから、スパイスがなくなるってことは、世の中に男ばっかり残しちゃうのと一緒。

女の人がいなくなっちゃったら、男の人はどうすると思う?

●生きていけない(笑)。

ジェイン:いいこと言うね。そう。インド人の人生からスパイスがなくなったら、生きる目的がなくなっちゃう。人生空っぽよ。

●そこまでスパイスは人生に関わるものなのですね…!

ジェイン:スパイスは食事だけじゃなくて、生活にも欠かせないものです。
例えば、ちょっとした擦り傷が出来てしまった時なんかは、傷を治すためにターメリックを塗ったりします。ターメリックには、殺菌作用があります。

だから、結婚式の2〜3カ月前から男も女もヨーグルトにターメリックを混ぜてパックするんです。アカスリみたいに。そうすれば綺麗な肌で結婚式を迎えることができますから。

それくらい、インド人の生活にスパイスは欠かせないものです。

●人生の一大イベントにも、スパイスは欠かせないんですね。それでは最後の質問になりますが、日本人に伝えたいインドカレーの魅力とは何でしょうか?

ジェイン:インドカレーを食べると元気が出るよ!ってことですね。美味しいだけじゃなくて、身体の中から本当に元気になれます。

ぜひ、日本人にはスパイスがいっぱい入った本場のインドカレーを食べて、元気になってもらいたいですね。

 

スパイスがたっぷり入ったインドカレーを食べて、夏の猛暑を乗り切ろう

「世界から消えてしまったら、生きていけない」と言うほど、インド人にとって欠かせないスパイス。料理の味付けだけでなく、日頃の健康維持や傷の治療まで、その役割は多様です。
インド人がパワフルである秘訣は、スパイスにあるのかもしれません。

これから暑くなるにつれ、夏バテで食欲が落ちることもあるでしょう。そんなときは、スパイスがたっぷり入ったカレーを食べて、身体の中から元気になってはいかがでしょうか。

取材協力:VEGE HERB SAGA(ヴェジハーブサーガ)
URL:http://www.vegeherbsaga.com/about.html
営業時間:Lunch 11:15〜15:00(14:30LO)、Dinner 17:15〜23:00(22:30LO)
定休日:なし
アクセス:〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビルB1F(JR御徒町駅南口から徒歩1分)