2009年に他界した世界的エンターテイナーのマイケル・ジャクソン。「キング・オブ・ポップ」と称されている彼の音楽やダンスは、死後6年以上が経った今でも、多くの人々を魅了し続けています。

彼の生前のエピソードをイギリスのテレビ局が映像化することになったのですが、マイケル役について大きな波紋が広がり、人種論争に発展する事態となっています。

いったい、何があったのでしょうか?

マイケル役に、イギリス出身の白人俳優を起用

shutterstock_333967685Bangkokhappiness / Shutterstock.com

マイケル・ジャクソンに関するエピソードの映像化に着手したのは、イギリスの衛星テレビ局「Sky Arts」です。

2001年アメリカ・同時多発テロ事件が発生した当時、マイケルがコンサートに招待していたマーロン・ブランドとエリザベス・テイラーをニューヨークから脱出させるため、レンタカーを借りてカリフォルニア州を目指し、オハイオ州まで爆走したという内容です。

このエピソード、2011年にアメリカの「ヴァニティ・フェア」誌が掲載しましたが、エリザベス・テイラーのアシスタントが、この報道を否定。今では3人とも故人であることから、この話は都市伝説となっていましたが、「Sky Arts」はスペシャルドラマとして2016年中に放送することを発表したのです。

キャスティングも明らかとなり、マイケル・ジャクソン役を『恋に落ちたシェイクスピア』に主演したジョセフ・ファインズ、エリザベス・テイラー役を『グリース』などに出演したストッカード・チャニング、マーロン・ブランド役を『猿の惑星: 創世記』などに出演したブライアン・コックスが演じることになりました。

マイケル・ジャクソンはアフリカ系アメリカ人ですが、ジョセフ・ファインズはイギリス出身の白人です。

Twitter上に上がった批判の声

shutterstock_216165541

今回のキャスティングに対し、Twitter上では、批判の声が上がりました。

「なんてこった!ジョセフ・ファインズがマイケル・ジャクソンを演じるだと!!芸能界の連中は『この役に人種はありませんから』と主張する気じゃないだろうな?」

アフリカ系アメリカ人俳優のオーランド・ジョーンズはこうツイートします。

「自分はこのキャスティングに大賛成だよ!エリザベス・テイラーの役をアンジェラ・バセットがやるのならっていう条件付きでだけどね!」
(アンジェラ・バセットは、アフリカ系アメリカ人女優)

ジョセフ・ファインズ「自分もこのオファーにショックを受けた」

このような批判の声に対し、アメリカの情報番組『エンターテイメント・トゥナイト』のインタビューに応じたジョセフ・ファインズは、以下のようにコメントしています。

「自分はロンドンの中流階級出身の白人だ。(このオファーに)皆が思っているのと同じ位ショックを受けたよ」

「マイケル・ジャクソンの肌の色素に異常があったということは理解しているよ。少なくとも、僕自身はそう理解している。2001年当時の彼は、彼本来の肌の色よりも、僕のような肌の色に近かったのではないかと思うけれど・・・」

マイケル・ジャクソン自身が生前語っていたこと

shutterstock_32787922kojoku / Shutterstock.com

ジョセフ・ファインズが語った通り、マイケル・ジャクソンの肌は彼が成人して以降、どんどん白くなっていきました。「マイケルは白人になりたがっているのではないか?」という噂は、以前からマスコミなどで話題となっていました。

『エンターテイメント・トゥナイト』のサイトでは、生前のマイケル・ジャクソンにアメリカの人気司会者、オプラ・ウィンフリーが行ったインタビュー動画が公開されています。

オプラが「ペプシのCMで、自分の子ども時代を白人の子どもに演じてもらうことを希望していたというのは本当なの?」と尋ねると、マイケルは以下のように答えています。

「どうして白人の子どもに僕を演じてもらう必要があるんだい?僕は黒人のアメリカ人だし、僕は黒人であるということに誇りを持っている。僕は自分自身に誇りを持っているんだ。それはあなた(インタビュアーのオプラはアフリカ系アメリカ人)が、『私の役は東洋系に演じて欲しい』と言っているようなものだろう?そんなことあり得ると思うかい?」

このインタビューの中で、マイケル・ジャクソンは、「僕の肌は病気なんだ」と語っていましたが、彼が抱えていた病気が、肌の色素が弱くなり肌の色が抜け落ちる「尋常性白斑」であると証明されたのは、彼の死後でした。

CNNは2013年、「司法解剖の結果、マイケル・ジャクソンが尋常性白斑であることが正式に確認された」と伝えています。

生前、自らの人種に関する話題が多かったマイケル・ジャクソンですが、2016年の今日、自身を巡る人種論争について、彼が何を思っているのかを想像することが、人種問題について向き合うきっかけとなるかもしれません。

<参考記事>

ガーディアン

エンターテイメント・トゥナイト(ジョセフ・ファインズへのインタビュー)

エンターテイメント・トゥナイト(マイケル・ジャクソンのインタビュー動画)

CNN