フランスとイタリアの国境近くの町、マントンとは

フランス南東部コート・ダジュールの最も東にある町で、イタリアとフランスの国境近く、モナコとイタリアの間に位置した人口約3万人の小さな町です。素晴らしい庭園がいくつも点在していて、その景観の美しさから「フランスの真珠」と呼ばれています。

かつてはモナコ公国の領土でしたが、1860年にフランス領となりました。険しい山々に囲まれていますが、年間を通して亜熱帯のような温暖な気候です。ヤシの木やレモン、バナナやジャスミンなど、温暖な地域で育まれる植物や果物が名産となっています。

地元産の野菜や地中海とれたての魚などの材料を使った料理はとても評判が高く、イタリアのすぐ近くということもあって、美味しいイタリア料理を食べることもできます。

参考:http://www.mycotedazurtours.com/?p=1671

image003_R

コート・ダジュール地方は、フランス南部に位置する海岸の中でも、イタリア国境を東端とする地中海沿岸の一帯。青い地中海と、アルプス山脈に挟まれていて、多彩な楽しみ方ができる人気の観光地です。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12118602392

マントンが誇る一大イベント、レモン祭り

年間を通じて冬知らずの温暖な気候に恵まれているマントンは、柑橘系の果物を栽培するのに適しています。中でもレモンが特産品で、一般的なものよりも酸味が強く、鮮やかな色味が特徴的です。

参考:http://jp.france.fr/ja/discover/53735

今年で84回目となるレモン祭りでは、毎年2月中旬から3月初めにかけて、何トンものレモンを使った巨大なオブジェの展示や盛大なパレードが行なわれ、30万人以上の観光客が世界各地から訪れます。マントンの中心にあるカジノ・ガーデンには多数のモニュメントが展示され、それを囲むようにレモンやオレンジので装飾が施されます。

レモン祭りには毎年テーマがあり、昨年はイタリアの映画産業の中心「チネチッタ」にちなんでイタリア旅行がテーマでした。

参考URL:http://jp.france.fr/ja/events/91037

image005_R

柑橘色が織りなす絶景!レモンフェスティバルの様子

レモンやオレンジを使った巨大なオブジェが象徴的なレモン祭り。
このイベントに訪れた人々が撮影した風景をいくつかご紹介します。

#mentonfestival #lemonfestival #menton #france

@ercan_inalがシェアした投稿 – 2016 2月 25 10:26午後 PST

オレンジとイエローの鮮やかなカラーリングが、真っ青な水面に映えます。

#france #menton #lemonfestival #mentonlemonfestival #festival Miracle…

@lerou_leroyがシェアした投稿 – 2016 12月 4 9:49午前 PST

トワイライトの空とイエローのコントラストが、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

大迫力の恐竜オブジェ。いったい何個のレモンとオレンジを使っているのでしょうか?

もはや言葉を失うほどのインパクト!きっと建物の中は、柑橘系の爽やかな香りでいっぱいでしょう。

一風変わったアジアンな雰囲気のモニュメント。よく見ると漢字まで描かれています。

毎年レモン祭りで使われるオレンジとレモンの量は約145トンで、これは、マントンで収穫されるレモンの1年分以上!マントンの農家はこの日の為にレモンを栽培しているといっても過言ではないかもしれませんね。

2017年のテーマは……

毎年テーマが設けられるレモン祭り。今年のテーマは「アメリカ、ハリウッド」です。なかでもフォーカスされるのが「コメディ&ミュージカル」。今年はよりコミカルで独創的な作品が期待できそうですね。2月11日~3月1日 に開催中です。

参考:http://ja.allexciting.com/lemon-festival-menton/