世界にはありとあらゆる職業が存在しています。職業を選択するうえで様々な条件や優先順位がありますが、やはり「収入」は重要な要素です。

今回はCNNMoneyPayScale.comが発表した、世界の高収入な職業トップ12を見ていきましょう。

1位:整形外科医

スライド01
骨や筋肉、靭帯、神経など人体の運動をつかさどる部位を治療対象としているため、子供からお年寄りまで診療する人の年齢層が広範囲。

2位:麻酔科医

スライド02
手術前、術中、術後にわたって麻酔を施す患者の身体管理を行う。呼吸・血圧・血流など患者の状態に応じて適切な処理を行い手術をサポートする。

3位:総合診療医

スライド03
ケガ・病気等による急な来院時の処置を行い、迅速にしかるべき専門医へ患者をまわす。

4位:コンサルティング・サービス

スライド04
顧客からの依頼を受けて、経営上の課題を分析し、解決策を提案、実施支援を行う。

5位:歯科医

スライド05
歯の治療、口腔内疾患の予防に加えて、舌やあごの病気も治療対象として診察を行う。

6位:プロダクトマネージャー

スライド06
企業の商品全般における責任者。開発・広告・販売・流通に携わる。

7位:アナリスト

スライド07
企業・産業動向の調査・分析責任者。

8位:戦略プランナー

スライド08
ビジネス戦略の構築・検証や事業の立案・企画運営を行う。

9位:事業企画ディレクター

スライド09
新規事業の立案・実行の責任者。

10位:プリンシパルディレクター

スライド10
ビジネスプロジェクトのコンサルティングにおける管理者。

11位:監査ディレクター

スライド11
組織の会計・予算管理を行う。また事業企画・立案にも携わる。

12位:商品開発ディレクター

スライド12
商品開発マネジメントの責任者。予算管理・方針提示を行う。

最後に

いかがでしたか?年収の高い医師の中でも、整形外科医の平均年収が一番というのは意外な結果でしたね。自分の職業が世界標準ではどのくらいの年収なのか調べてみるのも面白いかもしれません。