ロンドンに拠点を置くMoley Robotics社が、世界初の自動調理キッチン「ロボットキッチン」を開発しました。
スクリーンショット 2015-05-07 18.21.23

「ロボットキッチン」は壁から2本のロボットアームが伸びていて、シンク、レンジ、オーブンと、その他の調理器具がセットとなっています。

用意したレシピを完璧に再現できるようにプログラムされていますが、現段階では完全に自動というわけではなく、材料を所定の位置に並べておく必要があり、調理できるものも「カニのビスク」に限られているようです。

スクリーンショット 2015-05-07 18.22.34

スクリーンショット 2015-05-07 18.22.46

シェフの動きをコピーするため、キッチン内に複数のモーションキャプチャ用のカメラを設置し、シェフが調理する際の動きを1秒間あたり100回のスピードで様々な角度からキャプチャしています。

動きのコピーが簡略化され、「ロボットキッチン」が更に改良、実用化されれば、ロボットが皆さんの家独自の「おふくろの味」を再現してくれるようになるかもしれませんね。

おもしろ料理ロボット3選

「ロボットキッチン」の他にも、人の動きを再現して料理をしてくれるロボットがあります。今回はその中から3つをご紹介します。

全自動フレンチトースト製造機


こちらは日本人が製作した「フレンチトースト製造機」。このロボットの凄いところは、完成したフレンチトーストを食べさせてくれること!ただし、ちゃんと口の中に入るかは運次第?

お好み焼きロボット


2つ目は「お好み焼きロボット」。腕や腰に計15個の関節があり、人間と同じような動きをすることができます。また音声認識機能も付いており、客からの注文や、好みの味付けを聞いたりできるそうです。

シェフ&ウエイターロボット


最後に紹介するのは、中国東部・江蘇省昆山のシェフ&ウエイターロボット。このレストランでは、調理から配膳までをロボットが行っているようです。もしかしたら日本でもそんなお店が出てくるかも?

※出典:http://arstechnica.com