新作はiPhone7でなく、iPhone6s

毎年、世界中から注目を集めているApple社の新商品発表会。9月9日に新型iPhoneの発表会を控え、さまざまな憶測が飛び交っています。新型iPhoneは7でなく6sであるというのが、その一つです。

そんな新型iPhoneにまつわるTweetをまとめ、新型iPhoneの発売予定日と注目すべきポイントを探ります。来るiPhone6s発売日に向け、iPhone6sの真価を見定めていきましょう。

iPhone6sの発表会は2015年9月9日に開催!気になる発売日、スペックは?

テック系メディアを中心に世界中が「iPhone6sの発表会は9月9日になる」と言っています。これはほぼ確実といっていいでしょう。では実際、手元にiPhone6sが届くのはいつになるのでしょうか。

日本でiPhone6sが買えるのは、9月18日の予定

Tweetのリンク先記事に詳細が書かれていますが、新型iPhoneの発売は昨年と同じく、9月になりそうです。iPhone待ちの行列が、今年もニュースで報道されるでしょう。

中国のiPhone6s発売予定日も、9月18日

お隣の中国も、日本と同日にiPhone6sが発売される予定。価格はまだ非公開ですが、日中の販売価格差がどれほどか、気になるところです。

やっぱりアメリカの発売予定日も、9月18日

Apple本社があるアメリカではiPhone6sと同時に、iPad Proも発売されるようです。発売日はアメリカの方が早いと思いきや、日本と同じく9月18日のようです。

チップの省電力化や新機能が追加されたiPhone6sは、素晴らしい

iPhone6sにはさまざまな改良が加えられる予定ですが、それはユーザーにとって使い勝手の良い、新型iPhoneになりそうな予感がします。具体的な変化を見ていきましょう。

ユーザーにうれしい、チップの省電力化

いろいろな改良が予想されていますが、チップの省電力化はユーザーにとって嬉しい変更の一つではないでしょうか。iPhoneユーザーとしては、省電力化がさらに進み、バッテリーが長持ちしてくれることを願っています。

日本の人が注目している点は「色」

日本では若い女性を中心に新色のピンクを待望している人が多いようです。Twitter上での反響を見る限り、ピンク色のiPhone6sは日本でも女性人気が出るかもしれません。

海外のユーザーは「機能性」に注目!「感圧タッチ」が話題を呼んでいる?

感圧タッチとは「ディスプレイを触る強さを区別し、操作性に幅を持たせる」機能です。海外のユーザーは、この感圧タッチがiPhone6sに必要かどうか注目しています。

(参考:次期iPhoneは「感圧タッチ(Force Touch)」ディスプレイを採用、まもなく製造開始

マーケティングの観点から見て、iPhone6sには感圧タッチが採用されると考えるユーザー。果たして、感圧タッチはユーザーにとって便利なものなのでしょうか。

iPhone6sの感圧タッチは上手く機能しないのだから、感圧タッチは必要ないと考えているユーザーもいます。感圧タッチに対する関しては、比較的、冷めた意見が多い印象です。

2015年9月18日、iPhone6sの真価が明らかになるだろう

iPhone6sに関する噂が飛び交っていますが、おそらく9月18日にiPhone6sの真価が明らかになります。感圧タッチがユーザーに受け入れられるのか、日本女性待望の新色は発売されるのか、iPhone6sの発売が楽しみです。

なお、筆者は、iPhone6sの売れ行きは好調になると思います。ユーザー視点で改良が加えられた、iPhone6sの市場動向に注目していきましょう。

文:Social Likers! by JCTV

写真提供:Flickr, PIXTA
参考:iPhone 6・iPhone 6 Plusに買い替えるべき? iPhone 5sとスペックを比較! (APPBANK)